自然災害後のコミュニティ再生プロジェクト:

東日本大震災からの復興

 

近年、世界中で地震、津波、高波、台風、ハリケーン、竜巻、火山噴火、干ばつ、山火事など様々な自然災害が頻発しています。日本でも地震、津波、洪水、がけ崩れなど毎年多くの人的被害を伴い、コミュニティの弱体化や崩壊を招くような自然災害が起きています。特に2011年3月11日の東日本大震災では2万人近い死者、行方不明者を出し、その後の復興事業にもかかわらず、多くの地域社会で活力の衰退が続いています。東日本大震災で地震とそれに伴う津波が原因で福島第一原子力発電所が事故を起こし、4年経った現在も周辺地域の多くの住民が避難したままであり、こうした複合災害が今後も起こる可能性があります。社会的活力を失わせる原因は自然災害以外にも戦争や紛争、疫病、長期的な気候変動による海面上昇や人為的原因による大気汚染や水質汚染、水不足など様々あります。地域社会やコミュニティがそうした災害の被害から立ち直るには、コミュニティがダメージを受けても崩壊に至らず再生する力を温存する弾力性(resilience)が備わっている必要があります。このプロジェクトは、日本の宮城県石巻市を中心に3.11大震災からの復興プロセスにボランティアとして加わりながら、再生力を持った地域社会(resilient community)をデザインする可能性について実践的に考察を行い具体的な提案を行いました。

プロジェクトは対象となる地域と実施時期によって三つに分かれました。第一のプロジェクトは金華山プロジェクト(2011.10~継続中)。第二のプロジェクトは網地島プロジェクト(2014.07~継続中)。最後のプロジェクトは波渡プロジェクト(2014.07~継続中)です。