20161121日にHong Kong Design Institute (HKDI)Cumulus(世界最大の芸術系大学連合)と同時開催されているDESISの総会に東京造形大学、TZU DESIS Labの代表として参加。HKDIやミラノ工科大学やロンドン芸術大学などをはじめ、メルボルンなど初めて参加するラボの代表者も世界中から集まった。総会では10のラボがプレゼンテーションを行った。

8月5日から7日の間、山口県の山口情報芸術センター(YCAM)でインドネシアのプロダクトデザイナーのシンギー・カルトノ氏が主催する第二回村おこし国際会議に参加しました。5日と6日の最初の2日間は山口市の阿東地区でバンブーバイクに乗って様々な課題や魅力を発見する合宿形式のワークショップが開催されました。

スペダギ東京がいよいよ始動しました。スペダギ阿東に続き東京でも。桑沢デザイン研究所の本田圭吾氏がデザインした竹キッズバイクを活用したワークショップのプログラムを検討しています。このワークショップは「都市と林業」や「都市と農業」など、東京の農村が持っている魅力や資源を活用することで都市部と農村の交流を促進し、「ものづくり」や「食」の地産地消による持続可能な地域づくりにつなげることを狙いにしています。そこで竹キッズバイクは都市部から人を引きつける強力なマグネットとして機能することが期待されています。TZU DESIS Labでは、スペダギ東京と連携しワークショップの企画や運営に参加していきます。

7月16日から17日まで東京造形大学のオープンキャンパスで高校生や在学生向けにDESISネットワークの活動やTZU DESIS Labの活動を紹介しました。スペダギ ジャパンの一環のプロジェクトで子供向けのバンブーバイクのプロトタイプなども紹介しました。